スタッフ
医師 久津見 律子
臨床心理士 源田 保
心療内科は問題を抱えているひとたちの癒し(SELF CARE)、新しい生き方の発見(DISCOVERY)のサポートをするためのクリニックです。
ストレスから来る様々な問題,対人関係の悩み、親子関係など、もし「心が疲れた」と感じたら・・話をして見て下さい。
診療科案内

気軽に心理検査が受けられ、精神疾患かどうかの判定やアドバイスをしてもらえるインターネットのホームページ(HP)を、筑波大臨床医学系の精神神経科グループが開設した。 
 ストレス社会の中で精神疾患の予防などが目的。同グループによると、精神科医が主体になって運営する心理検査用のHPは国内初という。
 HPは「3RD LIFE」(サードライフ)と題され、まず「人から見られるのがつらい」「酒の量が増えている」など三十の質問に「はい」「いいえ」で回答。
 さらに、本人に症状が出ている可能性がある「うつ」「不安」「ひきこもり」などのケースに分かれた質問に答える。
 それらをもとに、三段階で症状の程度を診断し、「休養を第一に」「機会があれば、一度専門医に相談を」などとアドバイスをしてくれる。心の悩みに関する解説なども紹介されている。
 同グループの太刀川弘和(たちかわ・ひろかず)講師によると、うつ病や引きこもり、摂食障害などに悩む人は受診をためらっているうちに症状が悪化するケースも多い。同講師は「相談しづらい時などに解決への道しるべとして使ってほしい」と話している。(2004.3.16)

健やかに老いるために  講演録2002